フリーダイヤル:0120809015

メニュー お買い物カゴへ

自分でエアコンを掃除してみよう

<<自分で簡単♪エアコンの掃除方法>>


専門の業者に依頼すると高額なエアコン掃除も自分で掃除ができる

コツさえ押さえておけばとっても簡単にエアコン掃除ができます!


自分でエアコン掃除のコツ【簡単3ステップ】

1.電装部やエアコンの周りを養生すること
2.エアコン表面のほこりを取り、フィルターを洗うこと
3.洗浄液を吹きかけること


約40円のかんたんエアコン掃除!!

<<エアコンを自分で掃除する方法>>

★用意するもの★ 洗面台に洗浄液を作る

・きれいッ粉
・雑巾(汚れてもいいタオルでもOK)
・バケツ(外の排水ホースの汚水を受け止めるため)
・洗面器
(洗浄液を作るため。オススメは洗面台で作ると、フィルターが洗いやすい!)
・ビニール袋
(エアコン下部から出てくる汚水を受け止めるため。ゴミ袋の片方を切って使用すると便利)
・ビニールシート
・布テープ(水に強いもの)
・霧吹き
・掃除機(エアコン表面の汚れを吸い取る)


洗浄液を作る

1.洗浄液を作る

洗面器(2リットル)にお湯(40℃)を入れ、キャップ1杯入れる。
作った洗浄液を霧吹きにも入れる。

※洗浄液が冷めてから霧吹きに入れて下さい。
温度が高いと霧吹きの変形・破損の恐れがございます。

エアコン周辺部を保護

2.エアコンの周辺を覆う

エアコンの下に大きめのビニール袋を布テープでしっかり貼ります。
エアコンの吹き出し口より出てくる汚れた水を受け止める為です。
エアコン周辺は、掃除中に汚れた水が飛び散りますので、
出来るだけ壁紙や床をビニールシートや新聞紙で覆うことをおすすめ致します。
外の排水ホースの出口に、バケツをセットして汚水を受け止めるようにします。

エアコンのコンセントも抜きましょう!

エアコンのフィルターを掃除

3.カバー・フィルターを洗浄

エアコンのフィルターを、作った洗面器の洗浄液で掃除。
掃除機や古歯ブラシ等でほこりを除去しましょう!
水洗い出来るエアコン・フィルターは、きれいッ粉の洗浄液につけ込むと、
よりキレイになります。

エアコン電装部を保護

4.電装部を保護

エアコンの電装部を雑巾で覆い、テープでしっかり止めます。

電装部が濡れると、故障の原因になりますので、しっかりと保護して下さい。

これでエアコン掃除の下準備完了!

掃除機で埃を吸い取る

5.掃除機で埃を吸い取る

エアコンの表面に付着している埃やゴミを、掃除機で吸い取ります。

霧吹きでエアコン内に噴射

6.霧吹きでエアコン内に噴射

霧吹き2~3本分、エアコン内に噴射して掃除します。

霧吹き1本あたりコスト約10円!

吹き出し口にも噴射

7.エアコンの吹き出し口にも噴射

霧吹きでしっかり洗浄し、隅の細かいところは、綿棒などで拭くと効果的です!

全体に洗浄液を噴射しましたら、水道水を霧吹きに入れてエアコン内をすすぎます。

装備品を戻し試運転

8.装備品を戻し試運転

取り外したエアコンのカバー・フィルターなどを戻します。

エアコン内部を乾かすために、5分ほど送風運転し、エアコン掃除終了!
送風運転時は、中の水滴が飛び出しますので、
写真のようにタオルで受け止めて下さい。

エアコン掃除を自分でして出てきたカビや埃

◎エアコン掃除で出た汚れ

エアコン掃除を自分でした後、
吹きだし口や外部の排水ホースから出てきた
真っ黒水はアレルギーの原因にもなるカビや埃です。

※注意事項※
  • 電装部に絶対に水がかからないようご注意下さい。
  • お部屋に汚水が飛ぶことがございます。シート等をご準備下さい。
  • エアコン掃除中は汚水が流れて出てきます。
  • エアコン掃除終了後、試運転時に水滴が飛んできます。
  • エアコン掃除をしてもカビの臭い等が消えない場合は、専門業者様へご相談下さい。
エアコンの掃除方法に関するご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください!
0120‐80‐9015(受付平日9:00~17:00)

▲ エアコン掃除TOPへ ▲

商品一覧はこちら
ページトップ
きれいッ粉活用ナビ
きれいッ粉について
お買い物について