検索 メニュー

レースカーテンのつけ置き洗濯

黄ばみやヤニ、ほこりをキレイに落とします 年末の大掃除にも

安心成分だから赤ちゃんも嬉しい 年末の大掃除にも
1.お湯にきれいッ粉を溶かし、洗浄液を作ります

容器にお湯を張り、きれいッ粉を溶かして洗浄液を作ります。
お湯2リットル=大さじ2杯(20g)の割合で溶かします。
レースカーテンがつかるくらいの大きなタライが無い場合は、
浴槽や洗面台にお湯を張るのがオススメです!
お湯の温度は40℃〜50℃くらいで十分です。

2.レースカーテンを洗浄液につけ置きします

汚れの程度にもよりますが、2時間〜一晩つけ置きしてください。
なるべく、生地全体を洗浄液に触れさせるため、
時々、レースカーテンを動かしてあげてください。

3.軽くすすいで完了

塩素系漂白剤のような独特の臭いが残らないので、すすぎが簡単!
手ですすぐのが面倒な場合は、他のお洗濯物と一緒に
洗濯機に入れてしまいましょう!
レースカーテンを設置した後も、嫌な臭いが残らないので安心♪
簡単なので年末の大掃除にもおすすめです!

※色柄物の場合、染料がお湯に溶けだす可能性がありますので、
 目立たない所でお試しの上、お使いください。



きれいッ粉をオススメする理由

1.生地を傷めない

きれいッ粉は「塩素系成分」「界面活性剤などの石油成分」を一切使っていません!
そのため、手肌はもちろん生地を傷めることがありません!
何時間つけ置きしても生地を傷めないので、長時間のつけ置きにも安心してお使いください。

2.こすらずに汚れが落とせる

きれいッ粉は酸素パワーで汚れを浮かせて落とすので、ゴシゴシこする必要がありません!
ポイントは、つけ置き中に時々レースカーテンをひっくり返すなど、
出来るだけカーテンがまんべんなく洗浄液に触れるようにしてください!




基本的な使い方を1分動画でご紹介


驚異の酵素パワー!

汚れ落ちの秘密は驚異の酸素パワーにあった!

きれいッ粉は安心な成分なのに、こすらなくても汚れが落ちる・・・いったいなぜ??
その秘密は、お湯に溶かした時に発生する大量の酸素(さんそ)にありました!
この酸素が汚れを包み込んではがし取ってくれるのです!

酸素が汚れを包み込んではがし取る様子 大掃除にも

この酸素パワーは、レースカーテンのヤニ汚れやほこりだけでなく、
換気扇にこびりついたギトギトの油汚れや、洗濯槽の黒カビや臭い取り
こすっても落ちない頑固な茶渋など、いろいろな汚れ落としに使うことができます!

酸素パワーのすごいところは、汚れ落ちの良さだけではありません!
なんと、汚れを落としながら除菌もしてくれるのです!
しかも!【日本食品分析センター】という大手検査機関で除菌試験を実施済みです!

>>>気になる除菌試験の結果はこちらクリック<<<
汚れたものをつけて置くだけ♪

簡単 きれいッ粉の使い方

1リットルのお湯(40℃~60℃)にきれいッ粉10gの割合で 溶かし、長時間つけ込んでください。 ※大さじ(15cc)1杯で約10gになります。
お湯にきれいッ粉を溶かす ① お湯(40℃〜50℃)に きれいッ粉を溶かす
つけ置き ② きれいッ粉につけ置き (2時間〜一晩)
商品一覧はこちら >
おもてなし規格認証 セキュリティアクション

ページトップ
メニュー
全国の東急ハンズで販売しています!
会員登録

商品のご案内

商品一覧はこちら

コンテンツ

特集

人気の記事


お問合せ